日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第7話

[チンジャオ娘]日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第7話 ネタバレ


⇒無料試し読みはこちら

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第7話
「オレ赤ちゃん産んでよ!」火照った身体は河の水でも冷めなくて

 

bookliveコミックだけの独占配信中!!

 


会員登録なしでも無料試し読みができます!!

 

⇒無料試し読みはこちら 

 

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~第7話 あらすじ

4人は最後の夏休みを満喫しようと
川遊びを始める。

 

 

 

少し休憩することに・・・

 

 

涼音とまな姉は裸にスケスケの
キャミソールを着て寝そべる。

 

 

大きいお○ぱいとピンクのお○んこが
露わに。

 

 

 

そんな姿を見たタケルとヒロトは
欲情してしまい

 

 

 

涼音とマナ姉に飛びつき挿入を始める。

 

 

 

タケルは挿入しながら涼音に

 

 

 

「都会になんて帰るなよ」

 

 

 

「俺とこっちで暮らそうよ」

 

 

 

「俺んちの嫁に来いよ 俺の赤ん坊を産んでよ」

 

 

 

と愛の告白を始める。

 

 

 

タケルは腰を激しく振り始め

 

 

 

涼音はイキそうになり

 

 

 

「わかった いく」

 

 

 

と言う。

 

 

「俺の子どもたくさん産ませてやるからな」

 

 

涼音はタケルーと叫んでいます。

 

 

そうしてタケルとヒロトは
お互いの姉の膣に射○に明け暮れた。

 

 

タケルと涼音はシックスナインをしていると

 

 

涼音のお○んこは広がったまま戻らなく
ないっていて、

 

 

精○がたっぷり溢れかえっている。

 

 

涼音のお○んこはタケルのチ○コのサイズに
変形しまっていたのだ。

 

 

その横で弟のヒロトはまな姉にフ○ラされながら
光景を眺めてる。

 

 

涼音はタケルのチ○コを咥え

 

 

タケルは涼音のク○トリスを指でいじってる。

 

 

 

「涼音!もっと強く吸えよ」

 

 

「ほらほらちゃんとしゃぶらないと
またここいじめちゃうぞ」

 

 

 

とタケルは亭主気取りで涼音はそれに
従う妻のようだ。

 

 

 

タケルは涼音のク○トリスをつねりあげるように
弄る。

 

 

 

涼音はタケルのチ○コを咥えながら
苦しそうに声が大きくなっていく。

 

 

 

ヒロトはタケルの所有物となって
大きく広がったお○んこを見ながら

 

 

 

まな姉にフ○ラされ
お口に射○してしまうヒロト。

 

 

感想

川遊びに疲れたまな姉と涼音が
スケスケのキャミソールを着て
寝そべっていますが、

 

 

ブラジャーもパンティもつけていなく

 

 

大きなお○ぱいもピンクのお○んこも
完全に見えています。

 

 

エロ過ぎます。

 

 

その姿を見たタケルとヒロトは
飛びついてそれぞれの姉に挿入しています。

 

 

 

こんな姿を見たら我慢できなくなります。

 

 

涼音はタケルからS○Xしながら
愛の告白をされていますが、

 

 

涼音はすごく嬉しそうです。

 

 

イきそうになり、悶えながら
返事をしています。

 

 

涼音はタケルと何度もS○Xした為

 

 

タケルサイズにお○んこが広がって
戻らない。

 

 

涼音がタケルについていく
覚悟が伺えますね。

 

 

涼音のお○んこからタケル
の精液が溢れかえってるいる姿が

 

 

 

何度も何度も中○しされている
ことを想像すると、興奮してきます。

 

 

 

タケルは涼音のク○トリスを
皮をめくって剥き出しにして
人差し指でいじっています。

 

 

 

涼音はタケルのチ○コをしゃぶり
ながら、動物のような声を出して

 

 

 

とってもいやらしい声♡

 

 

従順な涼音。

 

 

タケルのことがすごく好きな気持ちが伝わってきます。